三石分子栄養学+藤川院長; 手足、の、けいれん 。 乳酸 。 どんどん拡散すべし!

☆ 手足のけいれん 。 乳酸 ;

三石巌分子栄養学の健康相談、 より ;

高 タンパク / 低 糖質 食 +

プロテイン 、を、 体重 ✖ 1/2 。

子宝 ビタミン E 1

( d-α トコフェロール ) ≒

炭素 C 、 の、 29個 、に、

水素 H 、の、 50個 、 と、

酸素 O 、の、 2個 、 とから成る 、

C29 H50 O2 、

8百 〜 2千 IU 。

B50 、を、 2 〜 3 。

ベンフォチアミン 百50 mg ✖ 1 。

マグネシウム Mg 、

4百 〜 千2百 mg 。

レシチン顆粒、

テーブルスプーン 3杯 ( 20 g ) 。

ーーーーー

21歳女性; 6年前から、

足に、 けいれんが、はじまり、

ほうぼうの大学病院で診察を受けました。

結局は、 原因も病名も、わかりません。

現在、 K大学病院で、薬を貰っていますが、 効いている、とは思えません。

症状は、 悪化する一方で、

30秒おきに、発作があり、 最近では、

けいれんが、 手にも及んできました。

☆ 三石先生; 私のアドバイス

 私は、 鉛中毒による糖尿病のため、

○○治療室に通って、

リンパ・マッサージをうけています。

この女性に会ったのは、

そこの待合室での、ある日の事でした。

 

その場で、 私は、 この病気は、

筋肉に問題があること、

筋肉は、 タンパク質で出来ていること、

筋肉細胞は、 たえず、壊れ、

作り直されていること、を話しました。

したがって、

作り直しの材料である、

タンパク質の補給をおこたっては、

筋肉が劣化するのは、

当たり前であることを話しました。

 私は、 ○○治療室の一患者でして、

そんな談義をする立場にないのですが、

あまりに、気の毒に感じたので、

余計な、おせっかいを試みたわけです。

治療室で、

その、T嬢の電話番号を教えてもらい、

帰宅後に、母親と話をしてみたのです。

  その話によって、

T嬢は、 一人娘で、

両親が、 嘆きの極にいる、

ことが、 わかりました。

私は、まず、 食生活をたずねました。

すると、 発作が、ひどいものだから、

昼食の時まで、 起きてこないこと、

気力を喪失しているものだから、

ろくに、食べないことなど、

両親にとって、悲観材料ばかりなのです。

T嬢は、一日中を、ベッドの中にいて、

親類にさえ、顔をあわせたがらない、

とのことでした。

 私が、 T嬢をみたとき、

マッサージ治療は、 二回目だそうで、

治療師の話によると、

T嬢の筋肉は、 異常に、かたく、

治療のための指が、 ぜんぜん、

めりこみません。

 

結局、 T嬢は、

リンパ・マッサージをつづける一方で、

配合 タンパク

( 十分な質と量の、 プロテイン ) 、と、

ビタミン E 、を使う事になりました。

 

図のように、 筋肉というものは、

筋繊維があり、 そのなかに、

筋原繊維があって、 さらに、その中に、

タンパク質の、 フィラメント 、がある、

という、構造になっています。

フィラメント 、には、

アクチン、と、 ミオシン 、 との、

二種類のタンパク質のものがあって、

筋肉の収縮は、

この二種のすべり運動に、

ほかならないことになります。

 筋肉が、 かたい、 ということは、

伸縮がスムーズにゆかず、

フィラメントのすべり運動が、

うまくゆかない事でしょう。

ふつうの人の場合は、 これは、

乳酸の蓄積 、 または、

フィラメントの酸化 、によって、

おこります。

いわゆる、 筋肉のコリが、 そうです。

 

この、 乳酸 、をなくす方法には、

二つがあります。

一つは、 ビタミン B1 ≒

、によって、

これを、 二酸化炭素、と、 水にまで、

分解してしまう方法です。

もう一つは、 細胞膜の透過性を、

ビタミン E 、 によって正常化して、

乳酸 、を 、 筋肉細胞から、

外に追い出す方法です。

むろん、 両者の併用が、理想的な訳で、

これは、 肩凝りをほぐす、

方法にもなります。

 T嬢の場合では、 筋肉は、

頻繁に収縮を繰り返しますが、

ビタミン B1 、 が不足していれば、

そのつど、 乳酸 、 が発生します。

だから、 筋肉が、かたくなるのは、

当然 、と、 いえるでしょう。

 一方で、 筋肉の収縮には、

エネルギー 、を必要としますが、

その、 エネルギー 、は、

脂肪酸 、 に、 グリコーゲン 、 や、

クレアチン・リン酸 、などから、

作られます。

筋肉が硬くなっているのは、

こういうものらのストックが、

底をついている 、

証拠 、でも、あるのです。

 このうちの、 クレアチン・リン酸 、は、

子宝 ビタミン E 1 、がないと、

筋肉の中に、 保持されません。

この、 子宝 ビタミン 、が、なかったら、

クレアチン・リン酸は、

利用されることを、無しに、

尿に出て行ってしまいます。

  子宝 ビタミン E 1 、は、

血液の粘る度合いを下げる事によって、

血行を改善します。

T嬢の筋肉は、 血管を圧迫して、

細くしているでしょうから、

この、 ビタミン E 、の作用に期待する、

必要があるわけです。

血液が、よく流れていなかったら、

筋肉のつくりかえの材料の輸送が、

うまくゆかない筈では、ありませんか。

 私が、 配合 タンパク 、と、

ビタミン E 、を、 えらんだ理由は、

痙攣 ケイレン 、 には、

筋肉に、 収縮を指令する、

中枢の異常からくるものがありますが、

T嬢の病気の原因は、

神経よりも、 筋肉の異常にある、

との、 想定にあります。

その上に、 中枢性、の、けいれんにも、

子宝 ビタミン E 、が効く、

という、 事情もありますので、

どちらに転んでも、 ビタミン E 、

と、思いました。

☆ その後の経過、

 T嬢は、 『 高 タンパク 食 』 、 と、

ビタミン E 、と、

マッサージをはじめて、 一週後には、

めっきり、元気になって、

人に会うようになりました。

そして、 念願の音大受験のため、

毎日に、 6時間の、

ピアノの練習を始めました。

???????????????????????????

☆ 藤川院長;

筋肉のこり、 けいれんは、

B1 、の不足による、 乳酸の蓄積。

筋肉の再生には、 高タンパク食。

ビタミン E 1 、により、

筋膜の透過性を高め、 乳酸 、たちを、

筋肉細胞から、 外に追い出す。

酸化された ≒

酸素 サンソ O 、と、 結び付いた 、

生体膜の再生には、

レシチン 、も良いはず。

けいれん ( 攣縮 ) 、を改善するには、

マグネシウム Mg 、も良いはず。

そして、 上記に加えて、 B1 。

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1235591493223839

ネット記事+論弁群;

☆ 乳酸とは、

ブドウ糖などな、 糖質が、 より、

酸素 サンソ 、を使わない 、 解糖系

( 嫌気的 代謝 ) 、 で、

代謝・分解されてできる、 生成物です。

解糖系 ( 嫌気的 代謝 ) 、では、

筋肉を収縮させる、

エネルギーを得るために、

筋肉に蓄えられた、

ブドウ糖らの束である、

グリコーゲン 、を、

ピルビン酸から、 乳酸 、に分解します。

... 血液中の乳酸は、 肝臓で、

グリコーゲンに再合成され、 再び、

エネルギー源として利用されます。

☆ 乳酸 、が、

血液中にたまってくると、

筋肉を熱く感じられ宛てるような、

筋肉痛が起こり、

運動が、 できなくなる。

運動をやめ、 血流が回復すると、

乳酸たちは、 酸素 サンソ 、と結び付く、

『 燃焼 』 、 という、

現象な事を成して、

二酸化炭素と水に、分解されるが、

一部らは、 再び、

グリコーゲンの生産に利用される 。

また、 この解糖系 ( 乳酸系 ) 、

の、システムの作動が、本格化し始め、

乳酸への生産量が急増するポイントを、

乳酸 閾値 シキイチ

( LT値 ≒ 無機的閾値 AT ) 、

と言い、 持久力の目安 、 と、 ある 。

有酸素運動の時にも、

脂質だけでなく、 糖質も、

エネルギーとして、使われるので、

ブドウ糖らを原料とする、

乳酸 、 が、

代謝物質として、 産生されるが、

無酸素運動でのように、

たまる事は、 なく、

血流によって処理される。

: 月刊 陸上競技 2010年 2月号 [雑誌] 。

☆ 筋トレでは、 無酸素運動で、

乳酸を、より多く産生させる事により、

成長ホルモン 、が、 多く分泌され、

筋肉が発達する、

と、 考えられている、 が、ために、

この無酸素運動の効果を、

より引き出すべく、

乳酸系の運動が、

40 秒 、ほどしか、 続かない 、

という、 原理を利用して、

1セットにかかる時間に宛てて、

「 40秒ほどが、限界 」 、な、

負荷に設定するのも、

トレーニングのコツ 、だ、 という 。

☆ 乳酸は、ヒトの体内では、

細胞内の基質において、 産生される。

細胞内基質では、

解糖系の酵素 コウソ ら、の働きにより、

炭素 C 、6個 ➕ 水素 H、 12個

➕ 酸素 O 、 6個 、な、

ブドウ糖 』 、を、

真っ二つにした形態の、

C3 ➕ H 6 ➕ O 6 、な、

『 ピルビン酸 』 、たちが、

ブドウ糖 、たちからも、 生成され、

ここから、 酸素 サンソ 、を使わずに、

乳酸脱水素酵素 コウソ

( 乳酸デヒドロゲナーゼ: LDH )、

の触媒によって、

乳酸 、 たち、が、 作られます。

乳酸脱水素酵素 、は、 正反応と、

逆反応 、との、 両方を触媒し、

可逆的に働く酵素でもある。

乳酸の代謝経路には、

? 乳酸脱水素酵素による逆反応と、

? 肝臓で行われる、

糖新生 』 、があります。

乳酸脱水素酵素による、逆反応、の、

代謝経路では、

筋肉内に溜まった、 乳酸 、たちは、

乳酸脱水素酵素の触媒によって、

ピルビン酸 、たちに戻されます。

そして、 乳酸から戻された、

ピルビン酸 、 たちは、

本来の代謝経路である、

クエン酸回路

( TCA 回路、 クレブス 回路 )、

に、 入って、

エネルギー 、を成す、代謝に使われます。

最近のトレーサー実験では、

運動中に生じた、 乳酸 、たちも、

その大部分が、 運動中に、

乳酸脱水素酵素の逆反応により、

活動筋肉のエネルギー源として、

用いられることが、 判明しています。

もう1つの代謝経路である、

『 糖 新生 』 、では、

運動後に溜まった、 乳酸 、たちが、

血液らの中に放出されて、

肝臓に運ばれ、 グルコース

ブドウ糖 ) 、への、

再生材料として、 消費されます。

☆ 糖 新生

( gluco neo genesis ) 、とは、

主に、 肝臓

( その他に、 腎皮質や、小腸の上皮 )、

で、 行われ、

糖質 、 以外の、 グリセリン

( グリセロール ) 、 や、

アミノ酸 、とか、 乳酸 、などから、

グルコース

ブドウ糖 ) 、 を合成する、

ことを言います。

この、 糖新生による、 乳酸代謝は、

乳酸が増えすぎた場合や、

飢餓の時に、 行われ、

原則的には、

解糖系酵素の逆反応によって、

乳酸 、たちは、 代謝されます。

運動により、筋肉内に溜まった、

乳酸 、たちは、 血の中に放出されて、

肝臓に運ばれ、

グルコースを合成する材料

( 基質 ) 、に、 されます。

また、 赤血球の解糖系で生じた、

乳酸も、 肝臓に運ばれて、

糖新生で使われる。

肝臓では、

末梢組織らから運ばれてくる、

乳酸 、たちを用いて、

グルコースに再生した後で、 再び、

各組織へ送り出して、

それらは、 エネルギーの消費

( 酸化 ) 、 に使われます。

この、 乳酸が、 肝臓に回収されて、

糖新生 、 が行われる過程な事を、

「 乳酸 回路 ( lactic acid cycle 」 、

と言い、 別名を、

「 コリ 回路 ( Cori cycle 」 、

という。

☆ 乳酸血症・乳酸アシドーシスは、

血の中の乳酸値が上昇した場合の、

病態ら、で、

症状としては、

吐き気や、 嘔吐、 不穏、

大呼吸 、などが、 現れるほかに、

重症化すると、

意識障害 、 が引き起こされる。

血の中の乳酸値の上昇を引き起こす、

背景には、

グルコース−6−ホスファターゼ

欠損症や、

ミトコンドリア病 、 などの、

疾患がある場合のほかに、

異常な無酸素運動

アルコール 、への、過剰な摂取なども、

原因として、ある 。

低 酸素 血症 、が、なくても、

ミトコンドリア 、 の異常により、

酸素 サンソ 、を使わない

『 嫌気性解糖 』 、 が、 進行して、

乳酸が、過剰に生成され得る。

◎ 乳酸発酵

( lactic acid fermentation ) 、とは、

乳酸菌 、たちが、 糖類から、

乳酸 、を生成する現象のことです。

乳酸菌は 、 酵母菌などと同様に、

乳酸の前駆体となる、

ピルビン酸 、を、

アルコール発酵 、 により、 生成します。

乳酸菌 、たちは、

アルコール発酵で得られた、

ピルビン酸 、たちをして、

乳酸脱水素酵素により、

乳酸発酵を行い、

乳酸 、達を生成します。

この乳酸発酵には、

乳酸のみを生成する、

ホモ型 乳酸発酵 、のほかに、

乳酸 、 以外にも、 エタノール 、や、

酢である、 酢酸、に、

炭酸ガス 、なども生成する、

ヘテロ型 乳酸発酵 、があります。