「作善止悪」 - 浄心庵・長尾弘先生「作善止悪」

恩師のご講演ラジオ放送より

心の扉―2

主題:分け隔てのない心は太陽の心

先の続き・・・

さて、先ほど言いましたように、

私の好きな言葉は、太陽の心です。

太陽は、太陽そのものが燃えて、つまり、

自らの身を燃焼させ、その結果として現れた、

熱と光で他を生かしてくれていると、

考えることができます。

熱と光とは慈悲と愛です。

宗教の宗と言う字は、

宇宙を示すと書きます。

宇宙を示す教えこそ本当の宗教であり、

生きる指針です。

その最も近い宇宙は太陽であり、

太陽系の宇宙です。

身近な太陽系を思うとき、

それは人の生きる指針を教えてくれます。

自分を燃え上がらせ、自らを犠牲にして

他に慈悲と愛を与えなさいと、言う教えが

太陽の中に現れています。

太陽には差別というものはありません。

病人にも、健康な人にも、金持ちにも、

そうでない人にも、皆、平等に光と熱を

与えてくださいます。

太陽の心を持つなら、

私たちも全ての人と分け隔てなく、

全く平等のお付き合いを

しなくてはならないと思います。

どんな人にも分け隔てなく、

恵みを与える太陽の心は神の心です。