ヨーロッパ横断鉄道旅行−第12弾(ピサ→ミラノ)(14)

6日目

紅白

 朝、ホテルをチェックアウトするとプリンチペ駅に向かい、荷物を預けて地下鉄に乗り、サン・ジョルジョで下車。

 さあ、ここからが大変だ。ガリバルディ通りを目指すものの、古い港町であるジェノヴァの路地は、狭く入り組んでいる。タブレット端末で時々位置を確認しているにもかかわらず、油断するとすぐに道を迷ってしまう・・・

 ようやくガリバルディ通りへ。現在の市庁舎であるトゥルシ宮と赤と白の宮殿が並んでいる壮観な眺めだ。

 これらの建物への入場券は、近くの本屋で売られている。まずは赤の宮殿へ。いきなり巨大絵画が待ち構えていて驚く。豪勢な部屋の数々もすごいが、やはりテラスからの眺めも良い。港、そして山側の景色を堪能できる。

 次いで白の宮殿へ。トスカーナジェノヴァの絵画を中心に展示されている。本来トゥルシ宮に通じる通路があるそうなのだが、この時工事中で、中庭を通ってトゥルシ宮に向かう。

 トゥルシ宮は市庁舎でもあるので展示スペースは少なく、かつコレクションもそれほどでもない。しかし、由緒ありげな会議室やロッジアの眺めは素晴らしい。

 次の目的地、スピノーラ宮殿へは直線距離では大したことないはずなのだが、途中昼食のために寄り道したせいなのか、私が方向オンチなのか、これが意外にたどり着けない。さらには真っ昼間なのに夜のお姉さんに客引きされたりして、路地裏の怖さも思い知らされる。

 それでも、やっとの思いでたどり着いた(私だけ?)スピノーラ宮殿は、それだけの価値がある所だった。壁一面の絵画に囲まれて、しばし時を忘れる。ここにもテラスはあるが、相対的に低い位置にあるせいか、眺めはそれほどでもない。

 港から山側に行くのは上述したようになかなか大変だったのだが、その逆は意外に簡単である。海という大きな目印があるからかもしれない。港のデパートで、買い残したジェノヴァのおみやげを買う。

 いよいよジェノヴァを去る時が近づく。後ろ髪を引かれる思いで地下鉄に乗る。

続く

目次へ