オマージュモデルほぼ完成

写真じゃわかりにくいかもしれませんが、いい感じ()

合板のステッチグルーで出来るように直線を多用しましたが、ボトムは無理でした。

長さ6メートル幅1メートルでプレーニンディンギーのようなロッカーです。

ハル形状は円弧にしました。

重量が変わっても最低の濡れ面積ですみます。

水線幅は40センチくらいになるからパドルも楽じゃないかな。

安定はどうでしょう。

円弧なんで悪いかもしれません。

しかし

今のところの妄想では、これはトリマランなのです。

モノハルの両サイドが分離して水平に展開するスイングアーム方式がベストじゃないかなと思います。

展開時、両フロートは5センチづつ水面から浮く予定です。

トリマラン時のサイドフロートの形状性能はあえて問わずに安定だけ求めるならいけると思います。

釣りや海面が荒れた時には有効でしょう。

作る段階であらかじめサイドパネルを仕込んでおけば、モノハルの船体を完成させればサイドフロートも完成してるという寸法です。

素人カヤックビルダーの大胆な妄想ですかね?

この冬に5分の1モデルでも作ってみるかな?