&x27;18台車随行記09/22長月の陣その4山口

どもども、ロックパパです。

久しぶりに晴れの週末。

今回はボランティアの会のバスに便乗させていただました。

13時過ぎにトリニータ事務所より出発です。バス待ちの間、公園内を散歩していました。

大銀ドーム

65周年とやらで、地元の放送局にジャックされています。

公園内をテクテク

テクテク

イノシシ注意!

横尾の山にはイノシシもキジも出ます。

バスツアーの醍醐味!黒ラベル

今日は古巣対決の星に期待。

大分駅

同志合流

別府駅

同志合流その2

二本目

まさに大人のバス遠足です。

トイレ休憩上毛

下ではなく、上の方。

関門海峡

門司の焼きカレーも下関の瓦そばもスルー。

オレンジの屋根

この色の屋根瓦を見ると山口に入った、と感じます。

到着

去年とホーム、アウェイのスタンドが入れ替わっています。

レノ丸くん

なかなかのあざとさ。

今節も飴

いただきました。

トリサポ

お帰りもお気をつけて。

試合終了

後半でひっくり返しました。

バスツアーのみなさま

カクテルライト

美東サービスエリア

お土産タイム。そういえば、次節は水戸戦だ。

帰りのバスの中でDAZNにて復習しつつ、トリニータ事務所に着いたのは翌日1時過ぎ。榎社長より出迎えられ、解散。いやぁ、心地よい疲れで、ぐっすり眠れました。

短評

前半に連携しつつのクリアミスで失点。最近はミス自体も少なくなり、例えミスをしても周りで体を張ってしのいでいたのですが、ゴール正面で相手チームのトップスコアにボールを出してはね。

前半はそのまま、0-1のビハインドで終了。どうせ1点は取らなければ勝てないので、後半は攻めの手で挽回してくれるはず、とポジティブ、ポジティブ。

後半は宮坂に代わり、清本を投入。久しぶりスタメンの宮坂でしたが、中盤の役割が今シーズン前半戦と少変化した面があり、思うようなプレーではなかったかもしれませんね。

さて、ここから45分がトリニータの試合となりました。

1点めはGKから左サイドへのパスから。受けた星から伊佐へワンタッチ。伊佐が前へとはたくと、星と並走して一気に相手陣内へ。ここが、筆者個人的にはこの試合のハイライト。伊佐の爆走、そして転がりながらのパス。内側で受けた清本のシュートは弾かれましたが、さっきまで伊佐と駆けっこをしていた星がボールを拾い、逆サイドを駆け上がってきた怜へラストパス。しっかり決めてくれました。これで1-1同点。

そして、ただいま確変中の藤本を入れる片野坂監督。疲れも見える相手に、攻め立てる采配がズバリ。2点めは右サイドを深くえぐった怜からのクロスを抜群の嗅覚とポジショニングで蹴り混み、続く3点めは自陣からの怜のロングフィードを神トラップ、相手GKをかわして、角度のないところを流し込みました。3-1で勝利です。

青森山田高校の先輩後輩、怜と藤本。10年の時を経て、トリニータで破壊力抜群のホットラインを形成していますね。

あとがき

それにしても、岩田ですよ。ちょいちょいポカもありますが、それを補って余りある運動量とスタミナ、そしてアグレッシブさ。

ウォーミングアップ中の岡野がベンチに呼ばれた時、岩田が交代?いま後ろを代えるのはもったいないなと思っていたところ、なんと、伊佐と交代でした。え?なに?岩田どこやるの?と事態の整理に少時間がかかった次第。一列どころか、二列あがって、サイドハーフの位置へ。

そりゃ、ビックリしますよ。田坂さんの頃は思わぬポジションチェンジはありましたが、片野坂監督もその気があるとは。。

CBで縦横の動きもさんざんやったはずなのに、試合終盤を迎えるも、これがまぁよく走ること走ること。相手が前がかりで、比較的自由に動ける状況かとは思いますが、ガンガンと前へ出て、ボールを追いかけていました。

相手ゴール前での岩田の奔放な動きはかなり新鮮。いま、本当にサッカーが楽しいんだろうな、と感じます。岩田にはこのまま、ステージも駆け上がって欲しい!もちろん、トリニータと共に

さて、次節はアウェイ水戸戦。長月の陣を締めくくる勝利を期待。

ではでは。