「おはぎ」、「ぼたもち」、「あんころもち」の違い - スケルトンハウス‐きまぐれCafe

 彼岸(ひがん)とは雑節の一つで、春分秋分を中日とした前後各3日を合わせた各7日間を指していいます。  2018年は春分の日が3月21日なので、3月18日〜24日、秋分の日が9月23日なので、9月20日〜26日が彼岸となります。 「おはぎ」と「ぼたもち」は基本的に同じ食べ物で、どちらか一方で呼ばれることの方が多いのですが、季節・大きさ・材料によって呼び分けられることもあります。1.春と秋で・・・ ぼたもちは漢字で「牡丹餅」と書き、春の彼岸の頃に咲く牡丹の花に似ていることから付いた名です。 おはぎは漢字で「御萩」と書き、これも秋の彼岸の頃に咲く萩の花が咲き乱れるさまに似ていることから付いた名です。 このことから、春に作るものを「ぼたもち」、秋に作るものを「おはぎ」と呼び分ける地域も多くありましたが、現在は、季節によってよび分けられることは少なくなりました。 ちなみに、夏は「夜船(よいふね)」、冬は「北窓(きたまど)」ということもあります。 ともに、同じ言葉遊びから生まれた名で、おはぎ(ぼたもち)は、杵を使って餅をつかずに作れ\xA4

襪燭瓠~擦❹擦此~浸類弔い燭ǂ錣ǂ蕕覆い海箸ǂ蕁嶼颪㍍里蕕此廚噺世錣譴襪海箸❹△蠅泙后▷,泙拭¬襪楼鼎唎徳イ⓲浸魲紊い燭\xAB分からないことから「着き知らずと考え、それを「搗き知らず」と掛けて、「夜船」といったようです。 更に、北向きの窓からは月が見えないことからこの窓を「月知らず」と考え、それを「搗き知らず」と掛けて、「北窓」と言ったとも考えられています。 2.大きさで・・・ 大きさによって「おはぎ」と「ぼたもち」を呼び分ける地域もあります。 これも牡丹と萩に通じるもので、それぞれの花の大きさの違いから、ぼたもちは大き目に作り、おはぎは小さ目に作られます。3.餡子(あんこ)で・・・ おはぎには「粒餡」、ぼたもちには「漉し餡」を使い、餡子の違いによって呼び分けることもあります。 収穫時期となる)秋の小豆は皮まで軟らかいことから、秋のおはぎには粒餡を使い、一方、春の小豆は冬を越して皮が硬くなっていることから、春のぼたもちには「漉し餡」を使ったためといわれています。4.その他・・・ そのほか、もち米を主に使ったものを「ぼたもち」、うるち米を主に使ったものを「おはぎ」と呼び分けたり、小豆\xF1

欧鮖箸辰燭發里髻屬椶燭發繊廖△④癖瓦鬚弔ǂ辰燭發里髻屬Ľ呂\xAE」と呼んだり、餅の状態になるまで搗いたものを「ぼたもち」、米粒が残ったものを「おはぎ」と呼んだり、)多くの呼び分け方があります。 春と秋の季節も含め、これらの違いは地域やメーカー、販売店によって、逆転するなど違っており、全国共通ではありません。 「あんころもち」は「餡衣餅」が転じた言葉で、外側を餡で包んだ餅を指します。 「おはぎ」(「ぼたもち」)も餡で包むため、「あんころもち」の一種と考えられます。 「あんころもち」は米の粒が無くなるまで完全に潰した餅を使い、米粒が残る程度に搗いた餅を使う「おはぎ」(或いは「ぼたもち」)と区別されます。 このことから、「あんころもち」を別名「全殺し」とか「皆殺し」と言い、おはぎ(ぼたもち)を別名「半殺し」ともいいます。 また、外側が餡ではなく餅で、餡を餅でくるんだ大福餅のようなものを「あんころもち」と呼ぶ地域もあります。【関連記事】○ 2018今年の干支/戊戌(つちのえいぬ、ぼじゅつ)Amazon.co.jp: おはぎ