四方竹2018。 - くりまんじゅうの日記

毎年々々季節になれば りゅうきゅうと四方竹を載せて またかいなでしょうが 四方竹の季節になりましたので またお付き合い願います。

10月に入ると 四方竹農家は忙しくなります。短い 多分1ヵ月弱ほどの短い期間に 毎日収穫し茹でて氷詰めにし出荷するわけで 重労働ですが秋のタケノコ四方竹は値も張るため 疲れも吹っ飛ぶそうです。

実家の生け垣にしてある四方竹は 世話もしないので 季節に一度だけ収穫したらお終いですが 今年の初収穫を ぽんぽんと折ってきました。

四方竹は出始めは太く あとになるほど 筒が細くなっていきます。

 

収穫したらすぐに処理をせねば色が悪くなります。鍋に入らないので2つに切って数分茹でて水に取り 外の皮を剥ぎました。

薄味に煮たウラ(上の部分)は ゆるい衣をつけ 天ぷらにしました。お寿司にする四方竹は甘い目に炊き 一晩おいて味をしゅませます。実家のものでは作れませんので 産直で買った径の太いものを使いました。

  

新しょうがをたっぷり刻みゴマを炒り 柚子酢をきかせた寿司飯を 昨晩炊いた四方竹に詰めます。毎年この時期に一度は作る 季節の歳時記みたいなものです。一昨年がもっと 四方竹の色がいいです。

    

四方竹農家は 茹でて産直に出しますので この時期 なん袋か買い冷凍しておき1袋ずつ出し 豚バラとピリ辛に炊いたら ご飯にあうおかずになります。